発電所の保全

発電所の保全活動では、基本は目視による検査となります。目視だけでなく、触診による官能検査も同時に行われます。ボイラ管の肉厚など、検査箇所によっては、目視や触診では検査できないものもあるので、専用の器具を用いた検査を行います。
火力発電所の場合、ボイラ管や給水管といったように、長い管を使用しているため、その劣化具合を調べるためには、肉厚の検査がとても重要になります。さらに、ポイントを絞っての検査ではなく、全長にわたって検査をすることで、ボイラ管の状態をしっかりと把握することができるのです。

■超音波等を使用する検査
検査にはいろいろあり、寸法や温度を計測する一般的なものもあれば、磁気や超音波などを使用した検査もあります。超音波による検査は、さまざまな材質に適用することができるため、さまざまな検査で使用されています。特に、材料内部の品質確認のために利用されているようです。
パソコンや操作機構装置と接続し、水浸法、TOFD法など、特殊な方法が使用でき、さらに検査結果を数値ではなく、画像にすることも可能になるようです。数値でみるよりも、画像やグラフで見られることで、問題個所の特定が容易になるそう。
発電所での検査においては、ボイラ管の肉厚の検査に使用されています。マルチプローブ式内挿UTという技術が使用されており、複数の超音波探触子のあるマルチプローブセンサをケーブルに取り付け、内部の肉厚の計測を行います。ケーブルにとりつけることで、ボイラ管の全長にわたって計測が可能となるようです。
目視で検査できない箇所もこういった方法であれば、しっかりと検査することができるのです。超音波以外では、磁気や放射線といったものを使用する検査もあります。実際に、CT(X線)やMRI(磁気)といったように医療の現場でも使用されているので、意外と身近な検査方法でもあるのです。

■検査を専門に行う会社
検査を自社で行えない場合は、やはり、専門の会社に依頼することになります。その検査を専門に行っている会社に神鋼検査サービス株式会社があります。
神鋼検査サービスは兵庫県高砂市に本社があり、兵庫県を中心に事業を行っていますが、東京にも事務所を置いています。神戸製鋼所が完全子会社として設立しており、創業以来非破壊検査を中心に、さまざまな検査を行い、多くの実績を積み上げてきているようです。
実績は国内だけでなく、韓国やインドネシア、また、中国やオーストリアといったように、海外でも検査の支援を行っているようです。検査を行うだけでなく、検査で使用する機器に関しても、自社で独自に製品を作り出しているそうで、多くの検査関連機器の販売も行っているとのこと。