神鋼検査サービスのいろいろな検査

神鋼検査サービスは兵庫県高砂市にある、検査や診断を専門に行っている企業です。
設立は1986年で、株式会社神戸製鋼所の100パーセント出資による完全子会社となっています。神戸製鋼所では、100年以上に渡ってさまざまなものを作っているのですが、その検査や診断に関しては、現在、神鋼検査サービスが行っているようです。
神鋼検査サービスも創業からはすでに30年を超えているので、多くの経験と実績を積み上げてきているようです。現在は、グループ企業だけでなく、さまざまな企業の検査や診断の請負も行っているといいます。国内のみならず海外でも同様に行っていることから、検査、診断に関しての信頼度は高そうです。

■非破壊検査と一般検査
神鋼検査サービスの行う検査は、非破壊検査と一般検査に分かれているようです。非破壊検査に関しては、テレビCMでも見かけるようになったため、どんなものかは知っている人も少なくないと思います。
一般検査では、寸法の測定や温度の測定、PMI検査や漏洩試験といったものを行っているようです。非破壊検査に関しては、超音波深傷試験、浸透深傷試験、磁気深傷試験といった検査が行われています。
通常、検査は、目視によって行われるのですが、目視では検査できない、また、目視では見逃しがちなものを非破壊検査によって発見することが可能です。例えば、超音波深傷試験は発電設備のボイラ管の検査で使用されるのですが、ボイラ管などの管状のものは、肉厚を計測する場合、目視だと末端の箇所しか計測できません。しかし、超音波深傷試験を行うことで、ボイラ管の肉厚に関して、全長を連続的に計測することが可能になるのです。
さらに、その結果を画像で表示させることによって、ボイラ管の肉厚が薄くなっている個所が非常に分かりやすく表示されるようになります。検査は単純の現在の状態を確認するだけですが、その情報は扱い方次第で便利になるのです。

■超音波によるマルチプローブ式内挿UT
UTと呼ばれる超音波を使用した検査にもいろいろなものがあります。超音波探触子を使用して検査を行いますが、ボイラ管など全長のあるものは、マルチプローブ式内挿UTという技術が使用されます。ボイラ管を水で満たして、その中に超音波探触子が複数あるセンサを取り付けたケーブルを挿入し検査を行うのです。理論上はケーブルが届きさえすれば、長くても計測は可能ということになります。
実際に、神鋼検査サービスは全長100メートルのボイラ管の検査を行ったという実績もあるようです。これまでの、経験と実績でさらに検査技術もグレードアップしているということになりそうです。