神鋼検査の測定技術

神鋼検査サービス株式会社は、発電設備など特殊な設備の検査を行っているそうです。

■CMでも紹介されている非破壊検査
いろいろな検査があるのですが、なかでも有名なのが非破壊検査と呼ばれているものです。これは、テレビCMも放送されているため、ご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。通常、検査では内部を調べるために切断したりする必要があり、それが破壊ということになります。
しかし、非破壊検査では超音波等を用いて検査をするため、検査の対象物に対して物理的に何かをするということはありません。対象物に対して、検査前と全く変わらない状態を保つことができるため、非破壊検査と呼ばれます。

■点検とその検査方法
神鋼検査の業務のひとつに、発電設備保全があります。これは、ボイラの点検などを行うことにより、発電設備の保全を目的とするものです。検査は目視でも行われますが、ボイラ管の肉厚などは目視で測定することはできません。その場合、マルチプローブ式内挿UTという測定技術を用いるのだそうです。
これは、ボイラ管を水で満たし、内部にセンサ付きのケーブルを挿入し、ボイラ管の肉厚を測定します。フィンのついたボイラ管であっても、この方法であれば、ボイラ管の全長にわたって測定が可能となります。ボイラ管の全域にわたって連続で計測しカラーマップとして表示することができるため、どこに減肉が発生しているかを見つけることが可能となるようです。もちろん、湾曲した部分なども問題なく測定ができるようです。

■神鋼検査サービス、過去の実績
発電設備の検査において、神鋼検査サービスでは神戸発電所をはじめとして、33のサイトで900以上の実績があるといいます。対象となっているのは、ボイラ伝熱管で、管の外径は31.8mmから63.5mmのようです。肉厚に関しては、3.2mm~9.4mmとなっており、全長は最長で100mとなっているようです。
もちろん、これは過去の実績ですから、この範囲外であっても検査は可能となるでしょう。作業の環境によっては、一方からの測定器の挿入だけでなく、双方向から挿入し計測するケースもあるようです。実際に測定が可能かどうかに関しては、外径や肉厚、また曲げ半径や管の長さ、材質といったように、さまざまな条件があるため、総合的に判断を行い、検査可能かどうかが判断されるようです。発電設備の点検や検査が必要であれば、問い合わせてみると良いでしょう。
本社のある兵庫県高砂市を中心に、神戸、加古川、東京にも営業所や事業所があるようです。

⦅PICK UP⦆☞☞☞ボイラ管の全長連続肉厚測定技術 「マルチプローブ式内挿UT」 | 神鋼検査サービス株式会社