神鋼検査サービス株式会社の提供しているサービス

兵庫県に拠点を置く神鋼検査サービス株式会社は、ものづくりの総合検査エンジニアリングとして、幅広い検査サービスをサポートしている会社です。

神鋼検査サービス株式会社は神戸製鋼グループで培った高い技術力をもとに、最適検査や特殊検査、設備診断などの提案から実施計画、工程管理や安全管理、検査成績書を作成しながら検査を実施。材料調査や余寿命診断、予防保全や減肉管理などの保守までを行っています。また、同社では、主に非破壊検査や試験検査・測定、検査技術開発や計測器・計量器校正、材料調査や代行検査など、さまざまな検査や測定のサービスを提供しているといいます。
風力発電所や火力発電所の発電設備保全業務の支援も行っており、ボイラ管の目視点検から溶射膜厚測定や肉厚測定、ボイラ管のマルチプローブ全面超音波肉厚測定、熱交換器チューブの肉厚測定などを実施しています。

■神鋼検査サービス株式会社が誇る技術

神鋼検査サービス株式会社ではさまざまな技術を有しています。その中でも特に高い技術とされているのが、POLE SCANNER「ぐる探」やマルチプローブ式内挿UT、超音波TOFD法やフェーズドアレイ法、超音波伝播シミュレーションや赤外線サーモグラフィ試験、自動水浸超音波探傷試験(水浸UT)。
いくつかその技術について説明すると、アスファルトなどに埋められた照明柱などに対し、掘削することなく路面境界部から道路附属物点検ができるのがPOLE SCANNER「ぐる探」です。溶接部の超音波試験では一般的に超音波パルス反射法が用いられますが、角度によっては反射波が深触子への反応が弱く、場合によっては面状傷の発見が難しいこともあるようです。
しかし、TOFD法は回折波を使用して傷を見つけるため、傷の傾きなどをあまり気にせず測定することができるようです。

■発電設備の保全業務に欠かせないマルチプローブ式内挿UT

神鋼検査サービス株式会社の技術の中でも、発電設備で欠かせないのがマルチプローブ式内挿UTです。ボイラ管の肉厚測定を全長で連続して測定が可能で、深層部に密集していても精度よく外面から測定することができるようです。手が届かない深層部のボイラ管でも測定ができ、フィン付きボイラ管の根部の測定も可能なようです。ボイラ管全長の肉厚分布は、カラーマップを使用して表示されるので、減肉が起きているパネル部分を容易に見つけることができるようです。